中野の賃貸

中野エリアにおける少子化問題についての対策ですが、中野区役所では高齢者全体の絶対数増加が叫ばれている中で現段階における医療福祉サービスのスキル継続を維持させる為には各自治体が担当しなければならないコスト負担は着実に増加することになります。

中野区においても上記対応に対する取組みと対応自体は例外ではなく、全般的な会計対応から国民健康保険事業における特別会計、そして老人保健医療や介護保険の各特別会計を算出した際の不足分は新たに補てん処理をしなくてはならず、この処理対応は年々増加してしまっております。

上記課題点に対する現状に対して、今までみたいに個人負担に頼ってばかりの能のない国の対策に断固異議を唱え、高齢者が安心して老後を過ごすことのできる世の中にするための改善自体は政府が最重要課題レベルとして認識して、抜本的な改革を即時発動しなくてはならず、諸外国の顔色を伺って対外的な資金援助に東奔西走している現状をなんとかせねばなりません。